ダブルケアカフェについて

生活の中にダブルケアカフェを

ダブルケア当事者や支援者が集まるダブルケア共感の場、それが「ダブルケアカフェ」。
ここに来れば子育てのこと、介護のこと、家族のこと、なんでも「うんうん」って聞いてくれる人がいる。
自らが抱える負担を誰にも吐き出せずに日々をかろうじて乗り切っているダブルケア当事者の方がたくさんいます。
話したくても話す相手がいない。ママ友に話すのはちょっと…。
そんな声に応えて少しずつですが『ダブルケアカフェ(当事者のお喋りの場)』が広がっています。
運営しているのは当事者はもちろん、元当事者や支援者のみなさんです。
わざわざ行く場所ではなく生活の中にあれば良いのに。
そんな想いで自分の生活圏で開催している方がほとんどです。

ダブルケアカフェの運営支援

ダブルケアでお悩みの方に ダブルケアカフェ

私たちが横浜市内の小さな場所から始めたダブルケアカフェの取り組みが全国に広まるよう、ダブルケアカフェ実施のノウハウやアドバイスをします。
自分たちでやってみたいけど何から始めれば良いか分からない。
お金は?場所は?参加者を集めるには?
遠方の方でもオンラインシステムを通じてお話ししながら、開催実現のアドバイスをします。

興味のある方はお気軽にお問合せよりメッセージをください。

 

全国に広がるダブルケアカフェ

少しずつですが当事者が話せる場が出来ています。
下図は当法人が発行した『もっと!ハッピーケアノート』の掲載されているダブルケアカフェの全国の地図です。
開催についての詳細は直接、開催団体にお問い合わせください。

出典 一般社団法人ダブルケアサポート 転載禁止